和菓子・甘味処

亀廣永

〒〒604-8116 京都府京都市中京区高倉通蛸薬師上ル和久屋町359

  • TEL:075-221-5965

亀廣永の銘菓は、何と言っても「したたり」です。祇園祭の菊水鉾(きくすいほこ)に献上する御菓子として有名なこのお菓子は、2代目・西井新太郎さんが1970年頃に考案した琥珀の棹物で、当時の八坂神社宮司・高原美忠氏が命名したもの。菊水鉾は、菊の露のしたたりを呑んで700歳の長寿を保ったという中国の故事「菊滋童」の話にちなんでつくられた鉾で、洛中銘水の一といわれた「菊水の井戸」の名に由来しています。銘菓「したたり」は、当初は祇園祭の期間中だけに作られていましたが、人気が広まり、現在では通年通して作られるようになりました。お店は錦市場の西口近く、高倉通蛸薬師を少し上がった西側。看板は「歴史的意匠屋外広告物」に認定されていて、京都らしい外観です。昭和11年(1936年)に亀末廣より暖簾分けされたお店です。

こんなテーマで紹介しています

基本情報

名称 亀廣永
住所 〒〒604-8116
京都府京都市中京区高倉通蛸薬師上ル和久屋町359
アクセス 地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅から徒歩約8分
烏丸駅から365m
TEL 075-221-5965
営業時間 9:00~18:00
定休日 日、祝
個室
お持ち帰り
オススメ したたり
沖縄産の黒砂糖・上質のざらめ・阿波産の和三盆・丹波の寒天が原材料。滴のしたたりを思わせる、ふるふるとした食感。1棹1,100円(税込)。

営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各店舗にご確認ください。
当サイトに掲載した情報の誤りにより万一被害がありましても、弊社には賠償の責任を負う義務は無いものと致しますので何卒ご了承くださいませ。

キーワード検索

Facebook

テーマから探す

キーワードから探す

★会社(1)

ショッピング(1071)

★トラベル(11)

グルメ・レストラン(1528)

健康・美容(265)

学校・教育・資格(40)

医療・健康・介護(13)

お稽古・教室(80)

公共施設(212)

暮らし(286)

★ケーキ(4)

★甘味処(2)

おでかけ・観光(412)

★オーガニック(4)

ペット(45)

★そば(1)

ビジネス(9)

おみやげ(22)

子育て(344)

ページの先頭に戻る