和菓子・甘味処

一和

〒603-8243 京都市北区紫野今宮町69

  • TEL:075-492-6852

長保2年(1000年)創業。向かい合わせの参道南側には、江戸時代創業の「かざりや」があり、両店であぶり餅を味わうことができます。あぶり餅は、昔は「今宮の小団子」や「勝の餅」とも呼ばれていました。悪疫が流行した際、一条天皇が紫野の疫神を再興され、疫病が退散したところから、庶民は社に詣で、厄除けの神餞菓子としてあぶり餅をお供えし、家に持ち帰り家族でこれを食したといわれています。一文字屋和輔は女所帯で、当代長谷川美恵子氏で24代目。そのタレ作りは、一子相伝で代々受継がれているそうです。店先には炭床が設けられいて、店員さんは餅をあぶりながら、道行く人々に笑顔で声をかけてくれます。入店すれば、奥の風通しの良い座敷で、くつろぎながらお餅いただくことができます。

こんなテーマで紹介しています

基本情報

名称 一和
市区町村 北区
住所 〒603-8243
京都市北区紫野今宮町69
アクセス 地下鉄「北大路駅」徒歩30分
京都市バス46系統
「今宮神社前バス停」下車徒歩2分
TEL 075-492-6852
営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日(1日15日祝日が水曜の場合営業し翌日休業)
個室
駐車場
クレジットカード 不可
店内飲食
お持ち帰り
オススメ あぶり餅
細く割った青竹の先に親指大の餅をつけ、きな粉をまぶし、炭で焼いて、一子相伝で受継がれている白味噌をといたタレをつけたもの。餅のおこげは見た目ほど苦くなく、白味噌のたれとの相性が良い。、一皿15本と、はじめは多いのではないか思えるが、意外にもペロッと食べられてしまう。 一皿15本500円(税込)、持ち帰り用は3人前から。

営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各店舗にご確認ください。
当サイトに掲載した情報の誤りにより万一被害がありましても、弊社には賠償の責任を負う義務は無いものと致しますので何卒ご了承くださいませ。

キーワード検索

Facebook

テーマから探す

キーワードから探す

★会社(1)

ショッピング(1071)

★トラベル(11)

グルメ・レストラン(1529)

健康・美容(265)

学校・教育・資格(40)

医療・健康・介護(13)

お稽古・教室(80)

公共施設(212)

暮らし(286)

★ケーキ(4)

★甘味処(2)

おでかけ・観光(412)

★オーガニック(4)

ペット(45)

★そば(1)

ビジネス(9)

おみやげ(22)

子育て(344)

ページの先頭に戻る